糖尿病の怖さについて

糖尿病とその症状について

糖尿病とはどのような病気なのか?
糖尿病の気があると言われて軽く考えているとしたら大変なことになるかもしれません。

糖尿病とその症状について説明します。

糖尿病とは血糖値が高くなる病気。糖尿病になるとどのような弊害がおきるのか?

糖尿病になると体に行き渡るエネルギーを運ぶ役目のブドウ糖がエネルギーを運ばなくなり、体内への血液の流れに障害がおきてしまいます。

糖尿病患者はインスリンを注射する必要があるといわれるのはブドウ糖が活動に障害をおこしてしまった分をインスリンによって補う必要があるからなのです。

つまり、ブドウ糖が暴走するのを抑える役目がインスリンということですね。

糖尿病の症状については失明、四肢の壊死、高血糖などが代表的な症状です。

この中で血糖値があがってしまう原因はブドウ糖が血液中にあふれてしまう為におこる減少ですが、めまい、立ちくらみなど代表的な症状です。それ以外に運動後のめまいなどもあります。

これは体を動かすエネルギーの脂肪やグリコーゲンが体内にたまりにくい為に運動中に欠乏して体調に異変が起きるのです。