糖尿病の怖さについて

糖尿病を放置すると合併症に悩まされる?

糖尿病を放置するとどうなってしまうのか?
ちょっと怖い合併症について説明します。

そもそも合併症とはなんでしょうか?

簡単に言えば、その病気が原因でさらに別の病気になってしまうこと。

糖尿病は合併症のおおい病気といわれており分かっているだけでも下記の合併症があります。

糖尿病網膜症
糖尿病神経障害
糖尿病賢症

上記の3つは糖尿病によっておきる3大合併症といわれてます。

自覚症状として最もわかりやすいのが糖尿病神経障害で手足の末端神経に障害が発生します。
たとえば手足の痺れや痛み、立ちくらみ、めまい、発汗異常などがあります。

次に糖尿病網膜症は目の視力が弱くなってしまう症状、放置しておくと最悪失明する場合もあり、白内障になる場合もあります。

最後が糖尿病賢症、おしっこを作る賢蔵におきる症状でおしっこを作ることができなくなり人工透析などで機械によっておしっこを作る必要がでてきます。日常生活への負担がおおきく治療困難な症状でもあります。